表計算ソフトを使いこなすうえで欠かせないのが「関数」です。合計や平均、掛け算などの複雑な計算や日付や時刻などのデータ処理も、関数を使えば簡単に実行することができます。もちろん、Googleスプレッドシートにも関数が用意されています。 QRコードはGoogle Char APIというGoogleが提供するツールを使ってスプレッドシートで手軽に作れるんです。作ったQRコードをスプレッドシートに表示できるIMAGE関数もみていきましょう。 スプレッドシートとデータを準備します。 スプレッドシートで色付きセルを数える方法ありませんか? Googleのスプレッドシートで予約表のようなものを作っているのですが、 条件付き書式で色がついたセルの合計だけを出したいのです。 エクセル …

こんにちは、データサイエンティストのたぬ(@tanuhack)です! スピード感が求められる仕事を行うとき、精密なグラフを作成することに拘っている時間はありません! ユーザー定義関数でフリガナを取得する(GetPhonetic) ユーザー定義関数でハイパーリンクのURLを取得(Hyperlink) カラーのコード取得(256RGB⇔16進変換) 時刻になったら音を鳴らして知らせる(OnTime) 指定文字、指定数式でジャンプ機能(Union) !そんなときに役に立つのが、スプレッドシートのSPARKLINE関数です。 行う設定は関数ではなく 「条件付き書式」 を使っていきます。 特定の文字の色を変更する:条件付き書式の設定手順 1・色付けする範囲を選択しておく. 日本の伝統色が選べる和色大辞典やパステルカラーなど、多彩なテーマの色見本が充実したサイトです。一覧に16進数のコードが表示されていて、すぐにGoogleスプレッドシートでの色指定に利用できます。 使いたい色のコードを確認します。