ベトナムでは今年1月に新しい出入国管理法が施行され、日本など15日以内の査証免除措置を受けている国籍であっても、30日以内に再入国する場合は事前にビザの取得をしておかなければならなくなってい … ベトナムの一方的措置に基づく査証免除により観光目的で入国後,ベトナムを出国して30日以内に引き続き観光目的により再度ベトナムに入国しようとする者。 ベトナム政府は5月25日付け政府第79号にて、7月1日から日本を含む80ヶ国に電子ビザの発行を認めました。ベトナム入国、日本帰国についてわかっていることをまとめましたのでご確認ください。以下、現在とは5月28日を表します。 ベトナムに入国するには? ベトナムには何度か訪問しており、観光を目的として一定条件であればビザ不要は認識していました。特徴的なのは「再入国30日ルール」というのがあり、今回これに引っ掛かり電子ビザ(E-Visa)申請をする羽目になりました。 ベトナム入国とビザ. 4月30日までは、現在の入国制限措置が継続 されることとなりました。これにより, 従来どおり外国人への査証発給一時停止措置は継続 され,ベトナムの国際航空便及び国内航空便も引き続き制限されます。

ベトナム政府発表. 3月17日から6月30日まで,全ての国境を閉鎖し,空路で入国する自国民,定住者及び外交団を除く全渡航者の入国を禁止する。 3月20日から国際線の乗り継ぎを禁止し,3月23日から6月30日まで,全ての国際線は運行されない(政府規定の貨物及び人道便を除く。 ベトナムビザの30日ルール. ベトナムは法律がよく変わることで在住者からは知られています。2015年1月から施行された法律によると、外国人がベトナムへ再入国する際は、30日以上経っていることが条件に加えられました。 2020年3月17日(火)までは入国可能でしたが、 3月22日0時よりベトナム政府ビザ免除書保持書も含め、全外国人の入国が停止されています。 停止処置がいつまで続くかは現時点では明確に記載がないため、当該処置がいつまで続くのかは不透明です。 もしくはベトナムから近隣のアジア諸国へも旅行をして、30日以内に再度ベトナムへ入国したいと考えている人もいるかもしれません。 そんな時の解決策は下記となります。 観光ビザを取得する:ベトナム大使館、領事館へ行けば即日発行も可能です