マキタのジャンク品のインパクトドライバー本体(td137d)が手に入ったので分解してみました。直せたらラッキーです。diyでマキタのプロ用を購入するのは贅沢すぎですからね。インパクトドライバーの症状ですが通電はしているが回転しないとのことで マキタはバッテリの部品は一切供給していません。 修理もしていません。 先日この知恵袋にバッテリを販売店に修理を出しましたと 記載がありましたが、その後「どこの販売店か教えてください。」 と書き込んだら、前述の回答が削除されました。 マキタの充電式クリーナー(cl070d) のバッテリーが弱ってきたので、とにかく安くてお得な 互換 ごかん バッテリー に交換してみました。 この記事では、 純正バッテリーとの違いや実際に使ってみて感じた互換バッテリーの メリット・デメリット についてご紹介します。 マキタの14.4vシリーズには「bl1430」というバッテリーが搭載されており、このバッテリーの価格は楽天市場で約1万円ほどで販売されています。約2年で寿命がきたとしても、バッテリー代を月に換算すると400円程度なので高いと思いません。ちなみにバッテリーの寿命が一番長いのは 次に重視するであろうポイントはバッテリーの交換費用とバッテリーの入手のしやすさです。というか、コードレス掃除機を人にすすめておいて、バッテリーの寿命がきたときに、バッテリー交換できないなんて可哀相ですから、バッテリーが交換できない+入手しにくい製品はこのサイトでは�

マキタゃ日立の製品は壊れません。 30年使っても殆どと言ってよいほど壊れないのです。 ですからわざわざ保証なんて必要ないのですよ 他の二流メーカーは知りません。 インパクトでもバッテリーが壊れると言うか消耗して充電能力が落ちるだけです。