せっかく受けとった失業保険(失業手当)。 でも、アルバイトや収入があったのに申告しないと不正受給になります。 ばれたら「返せばいい」では済ませれません。 もらった金額の何倍もの罰金を取られます。 悪質なものは詐欺罪で訴えられることもあるとか。 気になる人はとことん気になる不正受給のお話しです。ウソ偽りの申告や不正な行為によって、失業保険を受給した場合は、『不正受給』となりバレると重い罰があります。そんな事がないように、何よりもちゃんと事実を申告することが重要です。不正受給となる例 失業保険を40年間ぐらい掛けていました。5年前から取締役になりましたが、今年で任期が切れ退職します。失業保険はもらえますか?無料の保険相談なら20年間の相談実績を誇る「保険クリニック」 失業手当を給付してもらう際に一番気を付けなければいけないのが「不正受給」に関してです。雇用保険受給説明会の時にも、頭が割れるぐらいしつこく忠告される不正受給ですが、ここでは更に頭が割れるぐらい忠告してみます。私が運営している他の転職支援サイ 失業保険受給中のアルバイトはばれる? 失業保険を受給しながらのアルバイトは、 必ず失業認定申告書で申告する必要があります 。 短時間で雇用保険をかけていないアルバイトだから申告しなくてもバレないと思い、申告しないでアルバイトをしようと考えるのはリスクがあります。 平社員から努力して会社役員にまで昇進した。これはとても素晴らしい話です。そこまでの努力は数年のことではないでしょう。そしてめでたく定年を迎え、退職したので失業保険をもらいながら再就職でもしようかと思ってはいませんか?残念ながら、「会社役員」