指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。 (1) 地域や学校の実態を考慮するとともに,個々の児童の運動経験や技能の程度などに応じた指導や児童自らが運動の課題の解決を目指す活動を行えるよう工夫すること。

小学校; 中学校; 高等学校; 特別支援学級; 教材研究のひろば > 小学校 > 体育 > バスケットボール「より得点が取れるように… > 指導案.

なったものの,現在の小学校体育でも取り扱われることが多く,児童には馴染み深いボールゲ ームである。ポートボールは,パスやドリブルでボールをつなぎ,ポートボール台の上にいる ゴールマンにボールが渡れば得点が入るゲームである。ルールが単純で,ボールの扱いも比較 的簡単なた 指導案です。所属校の研究内容等に応じて各学校,各先生方でフォーマットをアレンジしていただ き,新学習指導要領に対応した学習指導案作成にお役立ていただければ幸いです。 注) 新学習指導要領は,以下の年度より実施となっております。 第5学年 体育科学習指導案 日時 平成30年4月24日(火)第5校時 13:45~14:30 場所 板橋区立北野小学校 校庭 学級 第5学年1組 36名 指導者 宇田川 鉱介 1 単元名 陸上運動「短距離走・リレー」 2 第1学年3組 保健体育科学習指導案 授業者 甲府市立南中学校 教諭 新海 和哉 1 単元名 球技「バスケットボール」 2 運動の特性 (1)一般的特性 バスケットボールは、集団対集団がボールを媒介にして、個人的技能や集団的技能による攻防を繰り返し、互