「箱」の中に入っている、という見方は面白いかもしれないけど。 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』には、人間関係を改善するために必要な素晴らしい考えが詰まっている。 人間として生きていくならば、絶対に避けて通れない「人間関係」。

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』では、リーダーシップを発揮するために、まずは自らクリアしておかなければならない話です。他者との関係、チームのことを考えるとき、まずは自分が、自己欺瞞状態から抜け出す必要があります。 こんな疑問をお持ちの方にお答えします。 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』はアービンジャー・インスティテュートというアメリカ・ユダ州に拠点を置く研究所が書いた本です。 世界で150万部以上、日本でも30万部以上を売り上げているベストセラーです。 自分の小さな「箱」から脱出する方法架空の会社、ザグラム社に新しく上級管理職として入社したわたし(トム)が受けた2日間の不思議な研修、それはザグラム社の素晴らしい業績の礎となるもので、筆頭副社長のバドや会長のケイト、創業者のルーたちとのミーティングだった。 自分の小さな「箱」から脱出する方法 架空の会社、ザグラム社に新しく上級管理職として入社したわたし(トム)が受けた2日間の不思議な研修、それはザグラム社の素晴らしい業績の礎となるもので、筆頭副社長のバドや会長のケイト、創業者のルーたちとのミーティングだった。 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』では、リーダーシップを発揮するために、まずは自らクリアしておかなければならない話です。 他者との関係、チームのことを考えるとき、まずは自分が、自己欺瞞状態から抜け出す必要があります。 自分の小さな「箱」から脱出する方法架空の会社、ザグラム社に新しく上級管理職として入社したわたし(トム)が受けた2日間の不思議な研修、それはザグラム社の素晴らしい業績の礎となるもので、筆頭副社長のバドや会長のケイト、創業者のルーたちとのミーティングだった。 ハンフリー・ボガートが投げたマッチ箱を乱暴に受け取り、ボガートに一瞥くれて煙草に火をつける。 火の消えたマッチを後ろにぽいと投げ捨て「Thanks」と捨て台詞。 煙を吐き出し、マッチ箱をボガートにぽいと投げ返し消えていく。 これが映画の粋だ。