初めて葬儀の受付を頼まれた際、何をどうすればよいかわからずに戸惑う人が多くいます。しかし、いくつかのマナーさえ押さえておけば大丈夫です。受付での仕事の流れや言葉使いなど、自信をもって葬儀の受付をおこなうために必要なマナーを紹介します。 会葬のお礼の品を渡されたら「恐れ入ります」と受け取りましょう。 もし、通夜で香典を出し、その後、葬儀・告別式で受付をする場合は、香典を通夜で渡したことを伝えて、記帳だけ済ませます。 受付を任されたら、受付の流れを 事前に葬儀会社もしくは葬儀を執り行う お家の方に確認しておきましょうね。. 受付の役割分担を決める。 お葬式が開始後 挨拶をして迎え入れる。 香典を受け取ったらお礼を言って一礼する。 芳名帳へ記入してもらう。香典を管理するため、芳名帳の番号を香典の裏へメモしておく。 葬儀会場へと誘導する。 今回は、葬儀の際に受付を頼んだ相手へのお礼のお話です。 『葬儀社の人に頼んだ』という話も聞いたことはあります。 ですが、香典=お金ですから、葬儀社の人は基本的には受付はしません。 親族か会社・友人関係にお願いする場合がほとんどだと思います。 葬儀の受付係はどのような人に頼むとよいのでしょうか。受付係は葬儀社に依頼せずに、直系の親族をのぞいた人に頼むのが一般的なやり方です。ここでは、受付係をしてくれた人へのお礼の金額やお渡しするタイミングなどもあわせて解説します。 上記が葬儀の受付の一般的な全体の 流れですが、 葬儀会社や各ご家庭 によって 受付の流れは 異なる場合があります ので、. あいさつの言葉はどう受け答えする? 冠婚葬祭マナー「お葬式葬儀の受付のやり方・仕事・役割」のページ。葬儀・葬式の受付係の服装・髪型と仕事(会葬者への挨拶の言葉、受付の手順)、案内、接待、葬式葬儀の会計・香典の管理等の係の役割と葬儀の流れ、手伝いのお礼・謝礼を解説。 葬儀では、会場設営の手配から来賓客の対応など、多くの人手が必要になります。初めての葬儀の場合、手伝っていただいた方々にどうお礼を申し上げればいいか悩むことでしょう。受付をしてくれた人に対して、失礼のない正しいお礼の伝え方を紹介していきます。