詰め物、インレーには金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料も変わります。 また、保険外の詰め物の場合は、歯科医院によって取り扱っているものと取り扱っていないものがあります。 虫歯の種類. 小さな虫歯を削った後の詰め物(インレー)の素材をどれにすればいいか迷う方も多いのではないでしょうか。 歯の詰め物の素材には金属で作られたものや、レジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、見た 虫歯とは、虫歯を作る細菌が、砂糖を原料にして酸を作り、歯を溶かして穴を開けたものです。 穴の大きさによって、c1(軽度)~c4(重度)まで4段階に分けられますが、それぞれの段階に応じて、治療の仕方が異なります。 歯の詰め物(インレー)の種類や特徴 虫歯 費用は約40000~70000円ぐらいと高価ですが、白く透明感があり、審美的に磨り減りにくく変色しにくいですが、時により、割れやすいことがあります。 虫歯を削った後に装着する詰め物にもたくさんの種類があるってご存知ですか?いつも気付かないうちに何か詰めてもらってたなぁという方もいらっしゃるかもしれません。詰め物にもそれぞれ特徴があり、お口の中の状態やご希望に合わせて選ぶことができます。 合成樹脂の一つで白い詰め物です。 特徴はすり減りやすく割れやすくなっており、最近では型を取って修復物を固定・・という治療は行われなくなっており、症状に応じてダイレクトボンディング法という方法で治療することが増えているようですね。 白い詰め物の種類 ・レジンインレー.