特徴 コイ・キンギョ等のコイ科魚の躯幹、頭部、ひれの各所に表在性腫瘍の乳頭腫が密に形成され、白色ないし桃色の台地状の光沢のある、やや硬い、一見したところ蝋様物に見える増殖物が形成されるもので、増殖物の形や広がりはさまざまではある。 水温が高いと、水槽内で菌が繁殖しやすくなります。菌の繁殖最適温度は20~28度のことが多く、夏場は魚にとって特に厳しい環境と言えます。その中でも最も恐ろしい病気『抗酸菌症』について考えていきます。不治の病・抗酸菌症の恐ろしさ病気・寄生虫は、 金魚の中では和金型の金魚に次いで丈夫な品種。ただし、側線が曲がっていたり、尾が極端に上に付いている固体は将来的に転覆しやすい。 画像の個体 (上):品種の特徴を表した綺麗な個体。2013年日本観賞魚フェアに出展されていた観賞価値の高い琉金。 錦鯉・金魚 病気の薬購入のご相談はお気軽に!! 錦鯉の様子が変だけど何の病気かわからない、 どの薬を購入していいかわらないなど、 動物医薬品購入のご相談は tel・fax・メールにてお問い合わせください。 tel:072-896-1151、fax:072-896-1651 尾びれを足すと15cmぐらいある金魚を5匹飼っています。 そのうち1匹だけ泳ぎや餌の食べ方のぎこちない動きに気がつきました。 金魚をよく見てみると体(お腹)の部分が少し曲がってるように思います。 どうITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。