2017/10/26 - 季の花 表千家 茶花 茶事 茶会 茶花の入れ方 11月 霜月 開炉 炉開 口切 椿 西王母 初霜 柚 堀内宗匠 宗完 宗心 初釜や炉開は、稽古人一同が集まりお祝いをします。 茶事や茶会では、お客様をご招待しおもてなしします。 柳は緑色、花は紅色をしているように、あたりまえにあるがままの自然な 紅炉一点雪(こうろ いってんのゆき) お茶席にはその時期に相応しい禅語の 掛け物(掛軸)を、荘(かざ)りたいものですね。 経済的にたくさんの掛軸を買い揃えるのは難しいですが、毎月一つずつ『今月の禅語』として、ご紹介してい […] 柳緑花紅 やなぎはみどりはなはくれない. 利休忌の茶花についてはこちらでもご覧になってください。 利休最後の花・茶花 茶道の禅語とその意味12か月・4月~6月 4月. 2019/08/15 - Pinterest で michanmichimich3260unkotale さんのボード「茶花」を見てみましょう。。「茶花、生け花、華道」のアイデアをもっと見てみましょう。 初釜(1月)、炉開(11月)、茶事、茶会. 炉の季節に合わせて咲くため、冬から春の茶花として人気が高い。 一重ツバキとチャノキの雑種といわれる。 白侘助の名は、天明9年(1789)伊藤伊兵衛の『諸色花形帖』に初出し、早咲きの部に「極白チョク咲き上々 見事ナリ」とある。 炉による濃茶点前、はじめて拝見しました。静寂の中で、釜から静かに立ち上る湯気を見、釜の音を聞きながら、張りつめた雰囲気を醸しながら、亭主による流れるような点前にただただ見とれておりました。一碗の濃い茶を客一同飲み回します。