鼠径ヘルニアの手術後は、手術でできた傷の部分にまれに細菌感染が起こったり、治療した場所に鼠径ヘルニアが再発したりする可能性があるため、病院では充分な対応が行われています。また、手術を受けた方は、退院して1週間程度は力仕事を避けるといった注意が必要です。 「ソケイヘルニア」まとめサイトです。鼠径ヘルニアの治療についてのご紹介。鼠径ヘルニアの治療は、色々な手術方法があります。メリット・デメリット、注意から術後生活まで、様々な角度からソケイヘルニアの手術治療ご案内。疑問点はメール診察」室からお問い合わせください。 日本ヘルニア学会 - 3 - 2017 Vol.3 / No.4 手技・材料の開発 Ventralight® STを用いた開腹法による腹壁瘢痕ヘルニア修復術 要 旨 腹壁瘢痕ヘルニアは腹部手術後の合併症の1つであるが、修復術後の再発率の問題からゴールドスタンダードとされる 太ももや足の付け根付近(鼠径部)に柔らかい膨らみはありませんか?ひょっとしたら、鼠径ヘルニアかもしれません。鼠径ヘルニアとはいわゆる「脱腸」のことです。初期には痛みなどはありませんが、押しても戻らなくなってしまうと緊急手術が必要になることもあります。