LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」と「Clova Friends」はスマホやパソコンBluetooth接続して外部スピーカーとして使えます。 さらに、Clova Friendsは対応している機種が限られていますが、Bluetoothを使って外付けスピーカーに音声を送れます。 Bluetooth機能を持った機器が増えていますが、そもそも接続をするためにはどのような手順が必要なのでしょうか?ここでは、Bluetooth接続に重要なペアリング設定についてやそれを行なう手順、上手くいかない時の対処法をご紹介しています。 Bluetoothとは、主に近くで使う機器とデータをやりとりするための無線通信規格です。利用するとイヤホンやスピーカーなど、今までスマホとケーブルで接続していた周辺機器がワイヤレスで使える便利な仕組みです。今回は、Bluetoothに関する素朴な疑問や実際の使い方を紹介します。 Bluetooth ペアリングガイドが、ご使用の Jabra Bluetooth 対応製品のモバイルデバイスとのペアリングに対するガイダンスを提供いたします。 ご使用の Jabra 製品を選択して、Bluetooth ペアリングガイドをクリックしてください。 従来、スマートフォンやPCに接続するスピーカーやヘッドホンは、有線ケーブルを使って接続するものでしたが、有線ケーブルを必要とせず、無線でスマートフォンやPCとスピーカーやヘッドホンを接続できる機能です。 ヘッドフォン、スピーカーなどの音響機器、マウス・キーボードなどの入力デバイスなど様々な 機器をつなげる便利なBluetooth。 上記の機器以外にもスマートウォッチ・スマートリストバンドなどの機器や、PCと繋いでファイル共有をしたりタブレットなどの機器をテザリングすることもできます。 Bluetoothとは、デジタル機器用の無線通信規格のひとつです. Bluetoothスピーカーのおすすめは結論的にこの機種! というわけで、今回は、Bluetoothスピーカーを紹介してきました。 記事はもう少し続きます。 ・beats by dr.dre Beats Pill+ ML4M2PA/A ・Anker SoundCore 2 A3105011 ・Anker Soundcore Mini 2 A3107011 ・Anker Soundcore Motion Q A3108011 Bluetoothは、基本的に1対1で通信しますので、別のiPhoneと接続されている状態ですと、他のiPhoneからは接続できません。 例えば、Bluetoothで接続できるキーボードがあり、家族で共用できるように複数のiPhoneにBluetoothキーボードの接続登録を行っていたとします。 Bluetooth機能を持った機器が増えていますが、そもそも接続をするためにはどのような手順が必要なのでしょうか?ここでは、Bluetooth接続に重要なペアリング設定についてやそれを行なう手順、上手くいかない時の対処法をご紹介しています。 文書番号:6528: Q.【Bluetooth】ペアリングしたものが複数ある時の切り替え方法を知りたい 複数台の機器とペアリング登録した後に、接続を切り替えるには? Bluetoothスピーカーを機器登録モード(ペアリングモード)にします。 ソニー製Bluetoothスピーカーを機器登録モード(ペアリングモード)にする手順は、製品により異なりますので、詳しくはBluetoothスピーカーの製品別の取扱説明書をご確認ください。 Bluetoothには「マルチペアリング」と「マルチポイント」という機能が用意されています。よく似た言葉なので混同しやすいのですが、両者の意味は明確に異なっています。マルチペアリングとマルチポイントの違いについて説明します。 2台のBluetooth機器が既にスピーカーにペアリングされている場合、1台の機器でBluetoothを無効にするか、その機器をスピーカーの通信範囲外に移動します。スピーカーは、ペアリングした最後の8台の機器を保持していますが、一度にペアリングできるのは2台の機器だけです。