もちろんusbにはブートローダーもosも入れていて、他のパソコン(usbブートに対応しているネットカフェのパソコン)では起動できます。 このbiosはusbブート非対応なのでしょうか?もし非対応だとすれば、『usb memory』とは何のブートを意味するのでしょうか? デフォルト設定 cd/dvd usb hdd usb fdd hdd1 hdd2 network B. usbを上に上げた usb hdd usb fdd cd/dvd hdd1 hdd2 network C. それ … 2009年10月~2013年2月発表機種でBIOSの初期化を行うと、パワーオフUSB充電機能が使えなくなる場合があります。 これは、BIOSの仕様で「パワーオフUSB充電」が「使用しない」(初期値)もしくは、「Power Off USB Charge」が「Disabled」(初期値)になるためです。 linuxなどのosをusbメモリに書き込み、biosの設定を変更してノートパソコンでブートする方法を書いておきます。せっかく作成した起動用usbメモリもbiosの設定をしないとブート情報を読み込むことはできませんので。今回はdellのbi セキュアブートの役割: 起動時にデジタル署名のないソフトウェアを起動できなくする為の技術です。 セキュリティーの点からセキュアブートを有効にしたいところですが、実はcsmが有効になっている場合、セキュアブートを無効にする必要があります。 もしかして、NEC Lavie Light BL100/RA はUSBメモリ起動ができないの? もう一度、BIOSを確認します。 すると、起動画面でないところに、「USBレガシー機能」という項目がありました。 うーむ、どうやらこいつが怪しい? Windowsシステムがクラッシュしたり、正常の方法で起動できない場合、起動元をUSBドライブに変更すれば、接続されたUSBフラッシュドライブからWindows PCを簡単に起動できます。次は、起動可能なUSBドライブを作成する2つの方法を紹介します。 USBレガシーサポート(USB Legacy Support, Legacy USB Support, USB Legacy Device Support, Legacy USB storage detectなど) 有効にすることでブートできることが多いですが、無効にしないとブートできない場合もあるようです。 usbメモリはデルのデスクトップ、xp機によって作りました。 無論32ビットです。一年前にもこの機で作成しました。 このusbメモリが環境に左右されないとしたら、necのノートpcに問題でしょうか。 ただ、私もf12のブートデバイス選択があるかと思いましたが、 PCでUSBデバイスのブートができない時の対処法 – Windows10 対処3: CMOS電池が劣化していないか確認する マザーボードに搭載されているCMOS電池が劣化していると、BIOSの情報が勝手にリセットされてしまったり、エラーの原因になったりします。 PC-LL750F26C USB BIOS起動ができない 32bitPC, win10 pro version1803 (build 17134.48) 最新 昨日 necサポートとチャットした。 この機種の場合 メニュに bios項目が無い A.