リストアのテスト前に、ESXi 上から仮想マシンを削除します。念のため、データストアにも残っていないことを確認します。削除した仮想マシンと同じ構成で、リストア先となる仮想マシン"vm1"を作成しました。まだ OS や VMware Tools 等はインストールしていません。 今回はクローン元仮想マシンがあるデータストア(datastore1)から、別のデータストア(datastore2)へのクローニングを実施します。そのための、仮想マシン構成ファイルのコピペを実施します。 ①vSphere Clientから、対象のESXiに接続します。 はじめまして。 今ESX4.1を利用していますが、バックアップについて検討しています。 仮想マシンについてはData Recoveryを利用してバックアップ、リストアを運用していますが、 ESX自身のバックアップについて参考にする文献がありません。 皆さまはどのようにされているでしょうか? データストア名を入力; パーティション及びブロックサイズを指定; サマリーを確認し、[終了]ボタンを押下; 作成したデータストアが表示される; vSphere Clientのサマリタブの一覧に作成したデータストアが表 … (バックアップにはあるが、データストアから失われた仮想マシンです; 仮想マシンは別途バックアップされている必要があります。 )ベアメタル復元は、VMware ESXi Version 4.1 、及び4.1以降のバージョンをサポートします。 1.データストア内に配置予定のすべてのvm(仮想マシン)の仮想化ディスク・サイズを合計します。 2.VMに割当てられるすべてのメモリ容量を計算し(ステップA)、それからVMにユーザがアサインするすべてのメモリ・リザーブを計算します(ステックB)。 訳あって、ESXiの再インストールを行いました。 その際、構成情報のバックアップ、リストアが必要になったので、 メモしておきます。 vSphere Command-Line Interface に含まれている、 vicf…