iPhoneのSafariで表示しているWebページを、表示している部分だけでなく、全体を保存したい。そのような「Webページ全体の縦長スクリーンショット」を簡単に撮れる機能が、iOS 13で強化されました。Web制作に関わる人には特にオススメです。 iPhoneはiOS 13以降、またiPadのiPadOSでは標準のwebブラウザのSafariで、webページ全体のスクリーンショットを撮ることができるようになりました。仕事などビジネスシーンでは共有や資料作成等で利用することがあります。ここではSafariでwebページ全体のスクリーンショットを撮る方法をご紹介。 iPadなどのタブレット端末を使用した際、PDFが一部切れて表示されたり、複数ページのPDFが見れない場合などの回避操作です。 [この記事だけを新しいウィンドウで開く] ボタンで記事を表示してから、PDFリンクをタップするときちんと表示されます。 しかし、SafariでWebサイトをフルスクリーン表示したいですが、方法がわからなくて、困ります。なので、ここではiPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法をいくつかご紹介します。 「iOS 」iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法. 1 PDFファイルをAdobe Readerで開きます。 2 Adobe Readerのメニューの「表示」>「フルスクリーンモード」を選択します。 キーボードを使って、「Ctrl」+「L」でも全画面表示になります。 PDFプレゼンテーション時の操作 iOS13及びiPadOS13.1以降を搭載のiPhone・iPadで、縦に長いWebページ全体のフルスクリーンショットを撮影する方法をこの記事では紹介しています。スクリーンショットの保存場所がどこか分からなくなった場合の対処法としても参考にしてください。


iOS 13およびiPadOS 13の「Safari」では、スクリーンショットを撮影すると表示エリアだけではなく、表示しているページ全体のスクリーンショットを撮影できることが分かった。また、撮影したスクリーンショットは端末内だけではなく、「iCloud Drive」に直接保存することができる。 pdfドキュメントで、パワーポイントと同じように、全画面にして投影して、クリックしながらプレゼン、という方法はあるのでしょうか。もしできるとしたらその方法を教えてください。使うソフトは、パ … AcrobatでPDFのプロパティの設定を変更すると、PDFをAdobe ReaderやAcrobatで開いた際に、はじめからフルスクリーンモードで表示するようにできます。 iPadでMendeleyを使って論文を読むと、大きい画面でpdfを表示できるのが嬉しいところです。じっくり読むときはフルスクリーン表示(全画面表示)にされる方が多いと思います。 iPad miniを接続する iPad mini2はLightning端子となっており、プロジェクター側にHDMI端子があったのでHDMIで接続しました。 Apple Lightning Digital AVアダプタ MD826AM/Aposted with カエレバ Apple Computer 2012-12-03 Amazon楽天市場 Lightning Digital AVアダプタをiPadに接続し、もう片方にHDMIケーブルを接続します。