画面の明るさ・ディスプレイの設定/管理アプリをおすすめランキング形式で紹介!4個もの画面の明るさ・ディスプレイの設定/管理の中でランキングNO.1に輝くアプリとは?是非チェックしてみてください。iPhone、iPad、Android対応。 iPhoneの画面の明るさを調整する方法で一番簡単な方法が、このコントロールセンターの画面照度スライダーを利用する方法ですね。 1 iPhoneでスクリーンショットを撮る方法は知っていても、画面を録画して動画として保存する方法は知らない人が多いのではないでしょうか? この記事では、iPhoneで 「画面を録画(スクリーンレコード)する方法」 を紹介します。.

iPhoneの明るさを暗くするには、一般的に「画面の明るさ調節」を使って、iPhoneの明るさを暗くします。 しかし、それだけでは夜に見ると「明るすぎて目がシパシパする…」といったことがあります。 実はiPhoneの画面は、明るさ調整以外にも、もっと画面を暗くすることが可能です。

設定を見直しても、iPhoneの画面が暗いままという場合は、システムの不具合が生じているおそれがあります。次の対処法を試してみましょう。 アプリを終了する.


突然ですが、みなさんはiPhoneで不具合が起こってしまってことはありますか? 僕はあります、つい最近起こりました。アプリを使っていると、画面が暗くなり、ロック画面に戻ってしまうという不具合が起こりました。今回の記事はそんなiPhoneの不具合を治すための記事です。 ios12から導入されたアプリ「ショートカット」を使って、ワンタッチで画面の明るさを変更する方法と、明るさ変更を使った「おやすみ前」のおすすめショートカットの作成事例をまとめました。 ★注目情報★ 最新のiPhoneXS・・・ 皆さんiPhoneの画面を暗くする設定をご存知でしょうか。一般のアクセシビリティから変更できます。それ以外にもトリプルタッチでズーム倍率変更したり、ダブルタッチで低照度に設定もあります。本記事はiPhoneの画面の明るさを極限まで暗くする方法をご紹介します。 iPhoneの画面の明るさを固定する方法!明るさの自動調整はオフにできる? スマホアプリレビューやスマホ情報はアンドロック 実際に使ったスマホアプリのレビュー、スマホアプリのおすすめ人気ランキング、Android機種情報、定番アプリなどの紹介を行っております! iPhoneの画面の明るさや色合いを調整する方法について紹介しています。iPhoneの画面が明るくて目が疲れてしまったり、手動で好みの明るさに設定したはずなのに勝手に変わってしまう場合の対処法やブルーライトカットの方法を紹介していきます。 コントロールセンターの画面照度スライダーを利用する方法. アプリのアイコンや写真、文字など、画面に表示されるものを拡大する設定もある。 まず「設定」アプリをタップして[画面表示と明るさ]を選択。 そして一番下にある[表示]を選択すると上段で[標準]と[拡大]を選ぶことができる。

この記事では、iPhoneに画面の「のぞき見防止」設定はあるのかについて紹介しています。結論を真っ先に言うと、iPhoneに「のぞき見防止」の設定や機能はありません。しかし、いくつかの方法でiPhone画面の「のぞき見防止」は可能です。ただ

※これでiPhone本体を横向きにしても、ホーム画面の向きが切り替わらなくなりました。 あとはコントロールセンターから画面の向きのロックを解除しておけば、safariなどのアプリ内では横向き画面で使用することができます。 設定アプリの「画面表示と明るさ設定」を設定する方法 自動調整機能を利用する方法.
iPhoneの明かりって、夜に使ってると、「明るすぎる・・・」って思うことありませんか? 僕は結構思うことがあったので、調べてみたところ、画面の明るさを更に暗くする方法について、発見しました! そこで今回は「iPhoneの画面をもっと暗くする方法」について、シェアしていきますね^^ アプリのアイコンや写真、文字など、画面に表示されるものを拡大する設定もある。 まず「設定」アプリをタップして[画面表示と明るさ]を選択。 そして一番下にある[表示]を選択すると上段で[標準]と[拡大]を選ぶことができる。 iPhoneの画面が暗いときや明るくならない時の原因や対処法について知っていますか。iPhoneの画面が暗いと操作しずらいときがあります。そんな時にどうすればいいのか、ここではiPhoneの画面が暗いときや明るくならない時の原因や対処法を紹介します。 iPhoneで画面の切り替えを行う方法があるのはご存知ですか?マルチタスクと呼ばれる機能で、複数のアプリを同時に使っている時などに便利な方法です。そんなiPhoneのマルチタスクの方法とアプリの終了についてご紹介します。