セカンドスクリーンを使って、スマートフォンなどの機器からps4™を操作できます。 例えば、機器側のキーボードを使って文字を入力したり、ブロードキャストのコメントを表示したり、セカンドスクリーンに対応したゲームではゲームに関連する情報を表示したりできます。 PS4標準の文字入力は使いにくく、かと言ってキーボードを購入するほど文字入力を多用しないという方は多いと思います。そんな方におすすめしたいのが、スマートフォンやタブレットからPS4の文字入力ができるアプリ「PS4 Second Screen」です。 PS4の状態が「接続しています」になっていればPS4と端末の接続が完了です。 PS4 Second Screenできること 「PS4 Second Screen」でPS4と接続すると「切断」「セカンドスクリーン」「電源」の3つの項目が表示されます。 PlayStation 4オフィシャルサイトでは、スタンダードモデルのPS4と4K対応ハイエンドモデルのPS4 Proの特長やラインナップをはじめ、ゲームソフト、エンタテインメントアプリ、周辺機器のご紹介をし …

PS4にはYoutubeやニコニコ動画でゲーム実況を生配信できる機能、「ブロードキャスト」が備わっています。 ブロードキャストを使えばだれでもカンタンにゲームの生配信ができるので、「やってみたい!」と興味のある方もいらっしゃるのではないでしょうか? ps4の生放送機能で、右と下に出てくる帯は消せないんでしょうか? シェアボタン押してメニュー開いた画面でオプションボタンブロードキャスト設定 コメントの表示を切る iPhone/iPadでPS4がリモートプレイすることが出来るようになりましたので設定方法を記載します。無線LAN(Wi-Fi)接続が必須ですが外出先でもお布団の中でもお手軽にPS4遊ぶことができます。色んな場所でPS4をプレイしてみたいと思う方は是非設定してみましょう。 ps4に保存したビデオクリップやスクリーンショットをusbストレージ にコピーできるようになった。 シェア機能におけるブロードキャスト(動画配信)の配信先に ニコニコ生放送 が追加された [注 2] 。 接続する機器の画面を使ってps4™を操作したり、機器の画面に表示されるキーボードを使って文字を入力したりできます。 セカンドスクリーンに対応したゲームの場合は、ゲームに関連する情報を機器側に表示することもできます。 セカンドスクリーン. ps4のシェア機能で生放送をするには、shareボタンから配信設定を行っていきましょう。高画質な配信にしたいなら、ここの「品質」の設定が重要です。注意すべきは、(1)対応していない配信サイトがあるという点と、(2)ゲームによっては配信禁止区間が設けられているという点です。