ExcelのVBAの”GetSaveAsFilename”メソッド使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示し、保存するファイル名として入力された文字列を取得するサンプルプログラム。 ExcelのVBAではAccessと違って最初から[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開くための”GetSaveAsFilename”メソッ … 前提・実現したいことマクロを使って生成されたシートを名前を付けて保存したいができない。CSV形式のファイルができるが、中身はCSVではなくエクセルで拡張子がCSVにばっただけだった。 発生している問題・エラーメッセージエラーメッセージ該当のソースコード'保存Dim FileNa VBAを活用し、別ブックとして保存する際に困っています。詳しい方ご教示お願い致します。現在[abc.xlsm]内のデータを[ temp.xlt]を元にして新しいExcelファイルを作成するVBAを組もうとしています。イメージとしては[abc.xlsm]のA~C列のデータを[temp.xlt]の形式に合わせて[作成日時.xls]を作ろうと … ただ、デバッグモードで1つ1つf8でソースを進めると正常に保存出来るという少々良くわからない状態になっている感じです。 まとめますと ①DisplayAlerts=Falseに設定し、メッセージを出さない設定にするとSaveAs実行時にランタイムエラーとなる。 次のサンプル2は、アクティブなブックに新しい名前を付けて保存したうえで閉じます。 サンプル2 Sub CloseSamp2() ActiveWorkbook.Close SaveChanges:=True, _ Filename:=ActiveWorkbook.Path & "\newfile.xls" '---同じフォルダに「newfile.xls」という名前で保存し、閉じる End Sub

エクセルVBAでWorkbookオブジェクトのSaveAsメソッドを利用して、Excelのブックを別名で保存する方法について解説しています。VBAの基礎から応用まで幅広くまとめている初心者向けVBA入門サイト。 Excelファイルを閉じるマクロ(VBA)前回のファイルを開くマクロ(VBA)と対になって必要になるのが、「開いているファイルを閉じる」マクロ(VBA)です。ファイルを閉じるマクロには、「保存せずにそのまま閉じる」ものや、「特定のフォルダに 初心者向けエクセル VBAのシリーズとして、請求書を作成するマクロの作り方についてお伝えしています。今回は、ワークブックをSaveAsメソッドで別名で保存し、Closeメソッドで閉じる方法をお伝えし … こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。 皆さんは、vbaでブックを保存する方法を知っていますか?更新したデータを上書き保存したいとき、新しく名前を付けて保存したいときなどブックを保存したいケースはよくありますよね。